母はどっしり構えていなさい

4歳長男と10ヶ月二男の二児の専業主婦です。

4歳長男は自我が芽生え、言ったら聞かず。またやんちゃ盛りで外出先では走り回るのを追いかけるのがやっとで買い物どころではありません…気がつくと買い物もせず疲れ果てそのまま帰宅したこともありました。

10ヶ月の二男は生活リズムが整ってきたはよいものの、ハイハイやつかまり立ちをはじめ目が離せない毎日です。最近ではなんでも口に入れて確認するので、長男の遊んでいた粘土を食べていたときはヒヤリの一幕もありました。

二男が生まれてからすぐにこれがまた一苦労でした。

その内容は長男の赤ちゃん返り。突然赤ちゃん言葉を話し自分で歩けないそうで(?)抱っこ〜のおねだりが始まります。

それも無理のないことです。だって今まで家族の愛情を一身に受けてきたのに、二男が生まれた途端にそれが二男に全て注がれ…

長男にとっては世界がひっくり返ったような気持ちになったはずです。今はだいぶ落ち着きましたが、もちろん今も変わることのない傷を負っているのでしょう。彼なりに弟の誕生日を受け入れることに戦っているのでしょう。

しかし現在は長男にが二男におもちゃを貸してくれたり話しかけてくれたり等、微笑ましい姿も見られるようになりました。少しホッとしていますが、まだまだ長男に意識して愛情を注いてあげることが大事だと思っています。

子育ては日々奮闘で、悩むことも多々あります。

悩みはネットで調べて解決できることもあれば、家族や友人など身の回りの人に聞くこともあり様々。その中でやはり私は、近くの大先輩である母を一番頼りにしています。

私の母の教えは、子供のいいなりにならない、母はどっしり構えていなさい!といつも教えます。その意味が最近になってよくわかってきました。

親の子育てへの自信のなさは子供に伝わるもの。

これだけは譲れないこと、お約束ごと、自分なりのポリシーをもって(○○に育って欲しいという理想像、礼儀作法、躾、コミュニケーション方法等)子育てすること大事だと思います。でも完璧は目指さずにちょうどいい塩梅で。

人間を育てているのですから、悩んで当たり前なんです。ふとしたときの子供の笑顔に救われますよ。

子育て中の皆さん、子供は日々成長しています。同じ悩みがいつまでも続くわけではないのですから、きっとそのいつかがやってくるはずです。その日を信じて頑張りましょう!!

5人の子どもの乳幼児期の子育て

2~3歳児が怒った時に叩いてしまうのはなぜ?

小さな子供がお友達を叩いた時、「怖い子!きっと親がいつも子供を叩いているんだわ!」と思ったことはありませんか?必ずとまでは思いませんが、私はそう思っているところがありました。

けれど、2歳を過ぎた息子がお友達を叩くようになりました。「今まで甘やかしてきたからだ」なんて言う人もいます。息子に関して言えば、よく眠り、よくミルクを飲み、離乳食もパクパク食べてきたような手のかからない子でした。食事中に席を離れたり、テーブルの上に乗って遊ぶ、道路やお店で一人で歩き回るなど悪いこともほとんどしないような子でした。叱る場面があまりありませんでした。

これが2歳になった頃から豹変しました。児童館などで自分が遊んでいるオモチャを横取りされたら、お友達の頭をバチン!と叩きます。公園のすべり台で並んでいるところを割り込みされたらバチン!と叩きます。

こちらは叩いたことを謝りますが、横取りしたり割り込んだ親子は「横取りや割り込みくらい子供なんだから当たり前でしょ」といった雰囲気でほとんどが謝ってくれませんでした。

そのうちに息子は周りはみんな敵に思えてきたのか、近くを通っただけのお友達にもオモチャを横取りされると勘違いしてバチン!と叩きます。

こういった事例についてインターネットで調べたところ、「まだ言葉で気持ちを表せない子供に多い」とありました。「お友達は痛いから叩くのはよくないよ」「『取らないで』『並ぶんだよ』って言葉で言おうね」と、何度も教えました。それでも叩く行為は直りません。

「横取りされたら嫌だよね。割り込みされたら嫌だよね。」と息子の気持ちに共感してみせました。それでも直りません。

「お友達を叩くなんて悲しいことだよ」と悲しんで見せてもみました。それでも直りません。

一度も息子を叩いたことはありませんでしたが、「痛みを知らないと直らないのか?」と考えて、息子の手の甲を叩いて痛みをわからせたこともありました。けれど、直りません。

悩んだまま半年以上が経ち、そのまま幼稚園に入園しました。先生に幼稚園で叩いていないかを聞いてみると「何も心配いらないですよ」とのことでした。少しずつ言葉で言えるようになってきていたのと、先生の仲介が上手かったのだと思います。

息子のことがあり、私も叩く子への意識が変わりました。小さな子で叩きたくて叩いている子なんていない、みんな隠れ持った気持ちがあるんだということを学びました。

これが噂のイヤイヤ期か

一人っ子でも、ライバルはいるのです

私の兄妹をはじめ、旦那の兄妹も、結婚が遅かったこともあり、親戚で小さな子供は、私の息子5歳だけだったのですが、去年からベビーラッシュで、次々に息子の従姉妹が誕生しています。

生まれたよ、というメールをもらうたびに、お祝いの品をもって、病院にいき、赤ちゃんを見せてもらうというのが、一年間で、四回もありました。

私は、息子が産めたことが奇跡だと言われるほど、子供のできにくい体です。ですから、息子は一人っ子です。一人っ子の息子に、自分より小さな子と触れ合う、ましてや、赤ちゃんと触れ合う機会は少ないことなのです。

「赤ちゃん、かわいいね~」と、息子は小さい手で、さらに小さい手を触りながら、言う姿を見ていると、兄弟を産んであげられない、というのが、残念で、胸の中がすこしチクチクしていました。

だが、それも、半年前までの話です。実家に帰った時のことでした。小さな子供は息子だけだったのが、今や、二カ月違いで生まれた従姉妹が二人。しかも、一人は内孫です。

私の実家では父方の祖父母も一緒に暮らしていて、すっかり、内孫中心の生活にかわっていました。

いままで、親戚中の大人の注目の的だった息子は、いまや、二番手あつかい。小さな子が、弟妹ができて、焼きもちをやく、アレになってしまったのです。

生まれた時には、「かわいいね~」と言っていた息子が、最近は「あんまりだね」というのです。その代り身に、親として「おいおい」と思ってみてます。

さらに、家に帰っると、私の母方の祖母(私は婿養子をもらって、母方の祖母の姓をなのっています)のところに行き、「ばぁば、僕って可愛い?」と祖母の近くでいうのです。すると、祖母は「そらそうよ。世界で一番かわいいよ」と息子に帰します。

従姉妹と会った後は、必ず、そういうやりとりをします。

それでも、旦那のお義母さんは息子に気をつかって「一番かわいいよ」と息子に言うのですが、さすが、子供のセンサーというべいか。口ではそう言っていても、お義母さんの気持ちが、産まれたばかりの赤ちゃんにむいていることを察知しているようです。

これが噂のイヤイヤ期か

今年で2歳と数カ月になった息子、ついに来ましたイヤイヤ期。
洋服脱ごうかって言ったらイヤ!ご飯食べようかって聞いたらナイ!お風呂入ろうって誘ったらアッチイッテヨ!

でも洋服は脱ぐしご飯は食べるしお風呂に入れば長湯だし。

きっと自己主張するのが楽しかったりするのかなぁと微笑ましい反面、パパどうしたらいいの?って戸惑う事も多い日々が続いています。

思い返せば産まれたて、小っちゃいおててにフカフカあんよでポラーっと天井を見上げてた我が子がこんなに可愛いなんて思いもしなかったものです。

初めて発した言葉は「デンキツケテ!」でした。

えぇ、今ではすっかりスタジオ〇リス写真館の常連なんですけど、100日祝いの写真を撮りに行った時に上着が顔にかかってしまったんですよ。

その時の発言が「デンキツケテ!」でした、妻と二人で大笑いしたのもいい思い出です。

子供言葉って可愛いですよね。ご飯の時おかわりが欲しいと「だいちょーのなー」(頂戴なって言ってる)って言ったり、ごちそうさまを「まーまーまっ!」って言ったり。

全部食べたのを自慢しながら「ぴかぴか、ねー」って言ったりもします、聞いてて飽きないものです。

それが今やドイテだのアッチイッテだの言われだしたものだからパパ困惑してます。

でも可愛い!

子育て本を例にもれず僕も読み漁っていたんですけど、子供によっては寝る時に必ずする入眠儀式があるそうで。

うちの子の場合、寝る時に必要なのはママのお腹です。今でもそうなんですけど、寝付けない時は「ママ、ナカはー?」と訴えます。

そして妻にお腹を出させて、揉みほぐしながら睡眠。

おかげで妻はめっきりお腹が冷える様子で風邪をよく引くようになりました。いつまで続くのかねぇと笑っています。

多分、このイヤイヤ期って自立の第一歩を踏み出しているんだけど、後ろ足がまだ追いついてないというギャップがたまらなく可愛いんでしょうね。

気持ちに余裕がない時はイライラしたり急かしてしまったりしますけど、よくよく考えるとやっぱり可愛いです。

産まれたての時の可愛さとイヤイヤ期の可愛さは別の味がすると思います。これからさらに成長していった時、どんな味になるのか今から楽しみです。

パパの困惑も、いずれ良い思い出になる事でしょう。

一人っ子でも、ライバルはいるのです

5人の子どもの乳幼児期の子育て

私には、5人の子どもがいます。
女の子四人男の子一人です。

上の3人は、年子です。
しかも自立もしました。
下の二人は、まだ中学生と小学生。

そんな私の乳児、幼児期の子育ての苦労をはなしますね。

5人の赤ちゃんのときの共通は
お腹がすいたときしか泣きませんでした

おむつが汚れても、スヤスヤ眠っていたので、こちらが汚れてないかチェックをしなければならず、おむつかぶれもしょっちゅうでした。

首のかぶれもあったので
速乾性のあるクリームを
お風呂上がりにこまめにぬってました

お風呂上がりにちゃんと
身体をふかないとかぶれてしまいます

特に首、脇、足の付け根は
よくかぶれます。

離乳食にも苦労しました。
特に上の3人は、ドロドロの
離乳食を嫌がりよく吐き出してました。

下の二人は、ドロドロの頃から
食べてたのですが、上の3人は手強かったです。

なんで、食べないの?っとイライラしたりもしましたが、一歳前から急に固形物を食べだしました。やっと食べるようになったかと、ほっとしましたね。

そして、更なる強敵イヤイヤ期とおむつ外し期です。5人とも、イヤイヤが激しくてイライラしたものです。年子共は尚更イライラしましたね。自分でする!と自己主張するけど、できないので更にキーキーわめいてました。

例えば、服のボタン。自分でする!と言うので、させるとできないもんだから、ぐずぐず言ってました。なので、ちょっとした対策をしました。それは、ボタンを1つだけさせて、あとは私がぼたんをつけてました。1つできるようになると、誉めて自身をつけさせ、
ボタンの数を増やしました。

最大の強敵、トイレ。
大変でした。
私の場合なんですが、朝起きたらすぐにトイレに連れて行く、飲み物を飲んだら30分後にはトイレに連れていきました。おしっこは、なんとかトイレでできるようになったものの、ウンチがなかなかできないんですよ。

5人ともウンチがトイレでできるようになったのは、3歳ごろでした。

何枚もパンツを汚しました。

幼児期をなんやかんやで乗り切ったわたしです。

今や孫までいるので、私の経験を
母になった一番上の娘に伝えようとおもいます。